見出し画像

【脳内ホルモン診断】「建設型」の性格・恋愛傾向・相性のいいタイプは?

私たちは脳内ホルモンの分泌量によって、生まれた時から自分の性格のタイプや惹かれ合う異性のタイプが決まっているといわれています。今回は、セロトニンが優位な脳内ホルモンである「建設型」の特徴や恋愛傾向を解説します。


脳内ホルモン診断とは?

私たちは脳内ホルモンの分泌量によって、生まれた時から自分の性格のタイプや惹かれ合う異性のタイプが決まっているといわれています。

私たちのパーソナリティーを作っている以下の4つの脳内ホルモンから、優位な脳内ホルモンを診断し、性格の特徴や相性を分析することができます。

ドーパミン

やる気のホルモンと言われ、運動や快感にも関わるホルモン。

セロトニン

感情・気分のコントロールなど精神の安定に深く関わるホルモン。憂鬱な気分を改善してくれる効果も。

テストステロン

男性らしさに関わる男性ホルモン。

エストロゲン

女性らしさに関わる女性ホルモン。

これらの脳内化学物質から、冒険型・建設型・指導型・交渉型という4つのタイプにパーソナリティーを分類し、性格の特徴や恋愛傾向を解説していきます。

診断する!

規則正しく穏やかな建設型の特徴

建設型の性格

精神の安定や落ち着きをもたらすホルモンといわれるセロトニンの割合が多いタイプが建設型です。

穏やかで誠実なため、周囲から絶大な信頼を得ている人が多いです。事前の計画や秩序を大切にする傾向があるので、イレギュラーな事は苦手な一面があります。

建設型の恋愛傾向

建設型は自分と同じように、落ち着いていて良識があり、一緒にいると安心できるようなお相手を求める傾向があります。

恋人を作る場合も一時的な感情ではなく、ゆっくりとお相手と向き合い、時間をかけながら着実に愛を育んでいく慎重なタイプといえます。

建設型と相性のいいタイプ

穏やかで良心的な建設型は同じタイプの【建設型】との相性が抜群です。

お互いに堅実で、長期的な関係を求めるタイプなので結婚生活に最も向いている組み合わせとも言われています。

2人が一緒にいることで穏やかな空気が流れ、安定感のある幸せな時間を過ごせるでしょう。

建設型の恋人を探す!

建設型との付き合い方

スケジュールや計画を優先しがちな建設型。

ルール、伝統を重じ、豆知識に詳しい傾向もあります。

計画通りにデートを進めたがったり、一緒に観た映画のうんちくを語り出して止まらない……。なんてことがあるかもしれません。

良く言えば良識人、悪く言えば頑固な性格。

そんなところを「建設型の長所」と認めて尊重できれば、お互いの関係は良好になるでしょう。


脳内ホルモン診断で相性のいい恋人が見つかる!

脳内物質から性格や恋愛の傾向がわかるなんて面白いですよね。

マッチングアプリ「with」では、こうした脳内ホルモン診断から相性のいいお相手を見つけることが可能です。恋人募集中の方にオススメです!

脳内ホルモン診断をはじめる!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!