見出し画像

スキマ時間で会った彼が旦那さんに!マッチングアプリwithで結婚したカップルのエピソード

「マッチングアプリで出会って本当に結婚できるの?」と思っていませんか?今回は、マッチングアプリwithで結婚したwith婚カップルの出会いから結婚までのエピソードや、結婚式を終えての感想などをご紹介します。


マッチングアプリの利用者は年々増加しており、2018年の調査では、未婚かつ現在恋人が欲しいと思っている人のうち21.5%、実に5人に1人ががマッチングアプリの利用経験があると答えています。
(ネオマーケティング「マッチングアプリに関する調査」より)

2017年に行われた20代から40代の未婚者を対象にした調査では、調査から2年以内に交際開始した人のうち16.4%が婚活サービスを通して出会っているというデータも。
(「恋愛・結婚調査2017(リクルートブライダル総研調べ)」より)

とはいえ、「コロナ禍だし、知らない人とわざわざ食事に行くのはちょっと……」「わざわざ時間を作ってはじめましての人と何時間もお話するのは気が進まない」という方もいますよね。

そこで今回は、マッチングアプリwithを利用し、スキマ時間にサクッと会ってみたお相手とご結婚されたwith婚カップルのリアルエピソードをご紹介します。

スキマ時間で会ってみた彼が旦那さんになるなんて!

Nさん 27歳 愛知 × Sさん 25歳 愛知

「合コンや街コンなど『対面の出会い』は苦手だけど、2ヶ月後の誕生日を一緒に過ごしてくれる彼氏が欲しい!」という思いからマッチングアプリwithに挑戦してみたSさん(25歳/愛知県/女性)。

「他の予定のついでに会ってみようかな」がきっかけで運命の出会いを果たしたNさんとの、結婚に至るまでのエピソードなどを語ってくださいました。

■ withを利用した期間
3ヶ月未満

■ 恋人がいなかった期間
6ヶ月未満

■ どちらからいいね!しましたか
男性から

■ 初めて会うまでの期間
1ヶ月以内

■ 交際するまでの期間
1ヶ月以内

■ マッチングで重要視したもの
共通点の多さや種類、イベントの結果、登録している好みカード

Q. withを始めた・選んだ理由は?

Sさん:元カレと別れ、2ヶ月後に誕生日を控えていたので誕生日を一緒に過ごしてくれる人を探していました。

心理テストにもともと興味があり、趣味の他に心理テストで自分に合う相手ってどんな人だろうという興味からwithを選びました。

Q. 今までの恋活や婚活でうまくいかなかったことは?

Sさん:合コンや街コン、友達の紹介など様々な出会い方をしましたがなかなかこの人!と思う方に出会えず……対面すると断ることにもプレッシャーを感じてしまうので疲れていました。

SNSは怖さもありますが初回から対面しない分、「違うな」と思ったら断りやすい環境なのでその点は私に合っていると感じました。

Q. withで異性を探す際に大事にしていたことは?

Sさん:対面しない分、すぐに会おうと言われたりLINEを交換しようと言う方は信頼できないためお断りしていました。

テンポが合うことはもちろんの事、些細な事で誠実さが伝わる点も重要視していました。

Q. お相手と実際に会ってみようと思った理由は?

Sさん:LINEの交換もなく、アプリ内でメッセージを続けること2週間経った頃、名古屋で友達と夜ご飯の予定をしており、昼間の時間に余裕があったので"予定のついで"として会おうと思いました。

アプリで初めて会ったのが今の旦那さんです。

Q. 印象に残っているお相手とのエピソードは?

Sさん:初回名古屋駅の金時計の前集合にしたので、なかなか会えないだろうな、と思っていたのですがすぐに「この人だ」と思った事。

第一声が「何か食べたいものはありますか?」ととてもスマートにエスコートしてくれた事が印象的でした。

週1で3回ほどデートを重ねたタイミングで「誕生日は彼氏として過ごしたい」と言って頂きお付き合いに至りました。 居心地が良く、程よく緊張し程よく落ち着く事ができる存在でした。

誕生日にはサプライズで日帰りの横浜デートをプレゼントして頂き、その日の思い出は今でも宝物です。

Q. 結婚を決めた理由・結婚を決めたエピソードは?

Sさん:交際して1年くらいで同棲を開始しました。(この時はお互いに結婚は視野になかったです。)

長時間一緒にいても居心地の良さは持続していて、彼の至らぬところも見えてきていつしか一緒に歩んで行きたい、成長していきたい、と思うようになっていました。

彼の海外赴任が決まったタイミングでお互い結婚を意識するようになりました。コロナの影響で紆余曲折ありましたが2020年10月入籍致しました。

結婚式のご感想「結婚式の準備を通じて、本当の夫婦になれた気がした」

今回、withレポートを提出してくださったSさんは、入籍から1年後の2021年10月に無事結婚式を終えられました。

「コロナ禍で不安を抱えるなか、結婚式を通して夫と様々な話し合いをし、本当の夫婦になれた気がする」と語るSさん。楽しく、尊く、かけがえのないものになった結婚式の感想もいただけましたので、紹介します。

Q:結婚式を終え、その感想は?

Sさん:コロナ禍に加えて私たちは海外との遠距離で準備を進めていたため、実現できるかどうかも分からない漠然とした不安がありました。

招待状を出し、欠席連絡が来るたびに新郎との価値観の違いにぶつかり、躓き、お互い意見を曲げることができず大きく傷つけ合うこともありました。恋人ではなく夫婦として初めてぶつかった壁でした。

二十数年間お互い違う人生を歩んできて、withを通して出会うべくして出会ったと思っていますが過ごした時間は3年半。1年前に入籍していましたが結婚式の準備を通して初めて夫婦になれたと思います。

そのような経緯、思いがあるからこそ当日はとても楽しく、尊く、かけがえのないものとなりました。

コロナ禍であるにもかかわらず集まってくれた92人の友人、上司、親族の方々には本当に感謝しかありません。「今までの結婚式で一番楽しかった。」と言ってくれる人もいれば「初めての結婚式があなたの結婚式で良かった」と言ってくれる人、本当にたくさんの方に喜んでもらえて私自身幸せでした。

ゲストに感謝を伝えるための「ゲストにおもてなしをする結婚式」が実現できて本当に良かったと思います。

「withを通した出会いを後押ししたい」という想いから"with特製リーフレット"を配布

結婚披露宴でゲストが密かに楽しみにしているもののひとつが、座席やウェルカムスペースにおいてある新郎新婦のプロフィールが載ったパンフレットやリーフレット。

今回withレポートを提出してくださったSさんは、withが作成した"with特製リーフレット"を結婚式で使用してくださいました。その理由とご感想に迫ります。

Q. with特製リーフレットを配布しようと思った経緯は?

Sさん:私たち自身withで出会わなかったら絶対に出会うはずのなかった2人です。生まれた環境も性格も全く違います。違うからこそ補い合い、お互いに尊敬し合い、大切にすることができているところもあります。  

出会いが少ないコロナ禍、現代社会の中で同年代の女性と男性が集まる機会もなかなか少ないと思います。「結婚式で出会う」時代でもないと思ったので、結婚式でそのような友人の背中を押せるようリーフレットを用意したいと思いました。

Q. リーフレットの感想は?

Sさん:デザインも可愛く、手に取りやすいものになったと思います。運用方法を考えるうえでA4サイズがいいかはがきサイズがいいか悩みましたが、A4サイズに印刷しウェルカムスペースに配置することにしました。

ゲストはとても興味深く手に取る姿も多く見受けられました。同じくwithを通して現在交際中の友人は「今回の結婚式を通してプロポーズする決意ができた」と言ってくれました。本来の使い方とは異なりますが、持ち帰り家で彼女と心理テストをして楽しんだようです。

その後withをインストールし始めた人数は分かりませんが、今回の結婚式を通して始めようと思った人は多いように感じます。

withの特製リーフレットは無料ダウンロードが可能!誰でも使用できます

今回Sさんが結婚式で使用してくださった、マッチングアプリwith特性の、ゲストも楽しむことができる心理テストの載ったリーフレットのテンプレートは、誰でも無料でダウンロードして、手作りすることが出来ます。

with特製リーフレットを用いたオリジナルリーフレットの作り方

① テンプレートをダウンロード

まず、テンプレートをダウンロードしましょう。種類は以下の4種類。それぞれのサンプル画像の下にある「ダウンロード」ボタンからダウンロードできますので、ご自由にお使いください。

心理テスト「恋人との食の好みについて、あなたの考えで一番近いのは?」

ダウンロードはこちら


心理テスト「恋人とのデートで待ち合わせ。集合時間の10分前に到着した時、あなたはどうする?」

ダウンロードはこちら


心理テスト「デート中に恋人からもらって一番嬉しいと思えるものは?」

ダウンロードはこちら


心理テスト「恋人と2人でなにか新しくチャレンジするなら何がいい?」

ダウンロードはこちら


② 二人の顔写真を挿入&心理テストの回答を記入

PowerPointの正方形の点線部分「新郎写真をここに貼りましょう」「新婦写真をここに貼りましょう」にそれぞれ新郎新婦の写真を挿入しましょう。

画像はPowerPointにドラックさせるか、PowerPoint上部の「写真」から選択することで挿入することができます。

写真の形は、写真の上で右クリック→「トリミング」を選択すれば、PowerPoint上で調整することが可能です。

続いて、吹き出し部分の「X」に二人の心理テストの回答を記入しましょう。

こちらの心理テストは相性診断なので、もし新郎新婦で答えが一致しない場合でも、リーフレット上は回答が同じだったことにしておいたほうがベターです。

③ 完成!

仕上がりイメージ

二人の写真の挿入と回答の記入が出来たら完成です!

本格的に印刷する前に、試し刷りをして確認することをおすすめします。

先輩花嫁から、これからwithを始める方々へのメッセージ

最後に、これからwithを始める方々に向けて、先輩花嫁であるSさんからメッセージをいただきました。

Q. 最後に、これからwithを始める人へのアドバイスを!

Sさん:本性が分からないSNSなので怖さは確かにあると思います。でも、私はwithで出会ってなければ彼とは出会えてなかったので踏み出した勇気をとても誇らしく思っています。

なので周りの友達には全力でwithをおススメしてます。合う合わないはもちろんあるので決めるのは自分次第ですが、私は踏み出す勇気を応援してます!!

withをはじめてみる

もっとwithレポートを読む

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!